競技ダンス部とは?

東京大学運動会競技ダンス部では、東京大学と、パートナー校である跡見学園女子大学・東京女子大学・日本女子大学の3校が共に活動しています。

1947(昭和22)年に東京大学舞踏研究会として発足しました。東京大学には動会(他大学での体育会)という組織があり、競技ダンス部は1993(平成5)年に運動会正式部へ昇格しました。また、東部日本学生競技ダンス連盟に加盟しています。

〜東大競技ダンス部の魅力〜

  • 競技ダンス経験者なんていないので運動部経験がなくても活躍できます。競技ダンスに運動神経は必要ありません。(だから東大の運動部にしては珍しく強い部活!)
  • 受験勉強で悪くなった姿勢がよくなります。全身を使うのでとても健康的なスポーツです!
  • 運動会にしては珍しく女子が多い部活です!多種多様な人脈を形成できます。

部員数
男:約40(←男性部員が不足しています(;_;))
女:約70
計:約110

見学大歓迎です。是非お越しください! また、質問等ありましたら、お気軽にTwitter掲示板理人へのメールをご利用ください。

活動概要

正式練は週に2回、東京大学駒場Iキャンパス内にて行っています。
日時:月曜日・金曜日 16:40〜21:00

場所:東京大学駒場Iキャンパス 駒場コミュニケーションプラザ北館(3F身体運動実習室2、2F舞台芸術実習室)

競技ダンスとは?

西洋生まれの社交ダンス(Ballroom Dance)の美しさや技術を競うもので、競技会において行われるスポーツです。技術点・芸術点というような絶対的審査項目はなく総合的に他カップルとの比較によって評価 されます。学生競技ダンスの正式種目は、モダン・ラテン各4種目の計8種目です。複数カップルによるフォーメーション競技もあります。

<モダン種目>

  • ワルツ(Waltz)−3拍子のゆったりした曲にのせ、優雅に踊る。
  • タンゴ(Tango)−アルゼンチン生まれ。シャープで情熱的。
  • スローフォックストロット(Slow Foxtrot)−4拍子の、のんびりとした曲に乗ったスムーズな踊り。
  • クイックステップ(Quickstep)−アップテンポの曲に乗り、軽快さを表現する。


<ラテン種目>
  • チャチャチャ(Chachacha)−陽気でコミカル。
  • サンバ(Samba)−激しいビートに乗り、エネルギッシュ。ブラジル生まれ。
  • ルンバ(Rumba)−大人の愛を表現する、キューバ生まれの黒人奴隷の踊り。
  • パソドブレ(Paso Doble)−スペインの闘牛士。力強さが特徴。


<フォーメーション>
8カップルが、フロア上で様々な隊形を作りながら踊り、全体の構成、統一性を競う。



SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO